WEB大学で「AI(人工知能)入門」の講義を
受講したのですが、

その中の任意課題に、
「今から30年後に人間とAI(人工知能)は
どのような関係になると思うかを論じる」
というのがありました。

ひめちゃんは、
「毎日の食事にAIのサポートを受け、
より健康で楽しい暮らし」が行われて
いるであろうと書いたのですが、

それに対して、
先生が、

「AIに食べ物のおいしさを理解させるには
どうすればいいと思いますか。」

と書いて下さいました。


おっとー😱


甘味や辛味などの成分分析をして、
その度数や比率といったデータの
基準を決めて、
ある程度はクリアできそうですが、

感情や記憶、
環境や見た目、
匂いや音に影響される部分は
どうしたらいいのでしょうか😵



先生は、
「これからも考えてみて下さい」
とも書いて下さっていて、


そうだな、
これからも考えてみよう!
と思います😊



それにしても、

人間って凄い!

AIの進歩って凄い!


って思いますよねー😁